本格派!出汁から作る冬瓜とエビのあんかけのレシピ

冬瓜とエビのあんかけ

夏に作った冬瓜とエビのあんかけです!写真がどこかに埋もれてたみたい(*´з`)
今回は出汁から取りました♪優しい上品な味わいになってます♪
冬瓜って冬のお野菜みたいだけど夏野菜なんですね~!ちょっと紛らわしいネーミングw

冬瓜には体内の余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが含まれています!このカリウムはそれだけでなく血圧の低下を促進する働きがあるので高血圧予防にも効果が期待できます!そして油揚げにも含まれているサポニンという栄養素が中性脂肪を分解してくれたりコレステロール値を低下させる働きがあるので動脈硬化の予防にも役立ってくれます!

そしてエビと言えばタウリン!エビは魚介類の中でもイカ・タコに次いでタウリンが多く含まれているんですね~!このタウリンは本当に素晴らしい栄養素で肝細胞の再生を促進してくれたり中性脂肪を減らす役割があるので肝機能障害の予防肝臓機能の維持に効果が期待できる栄養素です!

■本格派!出汁から作る冬瓜とエビのあんかけの材料(2~3人分)■

【具材】
冬瓜・・・1/2コ
エビ・・・4~6尾
【出汁】
水・・・5カップ
昆布・・・10g
かつおぶし・・・5g
【煮込み汁】
出汁・・・3カップ(※上記の材料で出した出汁のうちの3カップ)
お酒・・・大さじ2
塩・・・大さじ1/2
【あん】
出汁・・・2カップ(※上記の材料で出した出汁のうちの2カップ)
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
お酒・・・大さじ1
水溶き片栗粉・・・適量
刻みネギ・・・大さじ3

■本格派!出汁から作る冬瓜とエビのあんかけの作り方■

  1. 昆布は濡れ布巾でキレイに拭いて汚れを落とす。
  2. 鍋に水5カップを入れ、①の昆布を入れて中火にかける。
  3. ②がフツフツしてきたら、かつおぶしを入れる。
  4. ③が沸騰する直前に火を止めて、昆布とかつおぶしを漉す。
    プン
    キッチンペーパーなどで漉す場合は、かつおぶしを絞らないように注意してね
  5. 冬瓜はワタを取り、分厚く皮を剥く。
  6. ⑤の冬瓜を5cm角程度の大きさに切る。
  7. ④で作った出汁のうち3カップとお酒、塩を鍋に入れ①の冬瓜を入れて中火で10分程度煮こむ。
  8. ⑦の冬瓜に火が通ったら、ザルにあけておく。
  9. エビは殻の隙間から爪楊枝で背ワタを取る
    プン
    殻は剥いてもOK
  10. 鍋に残りの出汁とあんの調味料を入れ中火にかけ、沸騰したら⑨のエビを入れる。
  11. ⑩のエビに火が通ったら、水溶き片栗粉でトロミを付ける。
  12. 器に冬瓜とエビを入れ、上から作ったあんを回しかけて刻みネギを散らして完成!
プン
今回はダシから作ったけど、もちろん顆粒だしや麺つゆでも代用OK




電子レンジ専用 備長炭入り2合炊き炊飯器 ちびくろちゃん

ちびくろちゃん
一人暮らしの方でほぼ毎日自炊されている方は別として、週に半分以下の自炊とかだと炊飯器って買うの迷いますよね・・・。
電子レンジで手軽にお米が炊ける炊飯器が安くであると良いな~と思った事のある方も多いんじゃないかな?実は主婦も思うんです!

何となくネットを見ていたある日、電子レンジ専用炊飯器を目にしたのでさっそく購入して試してみました!

【特Aランク】冷めても美味しい!山形県の代表的なお米!
山形県産はえぬき

炊き立てご飯
日本人の主食お米!毎日必ずと言って良いほど食べているお米。
毎日複数回食べることが多いお米の消費量はなかなかのもので、ただでさえ食材を買って荷物が多いのに、その上5kgや10kgのお米を買って持って帰るとなると結構な重労働(-_-;)

美味しいお米を、できれば玄米でまとめて買って自宅に宅配して欲しいな・・・
とネット検索をして購入を決めたのが山形県産のお米「はえぬき」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

プン

お料理大好き!食べるの大好き!食いしん坊(*´з`) 特別な食材や調味料は使わずどの家庭にでもある材料で誰でも簡単に作れる家庭料理のレシピを紹介しています♪高い食材を使って美味しいのってわりと当たり前!安い食材でも美味しく栄養満点で家族の笑顔と健康を守りたいです(*^^) 自分でも可哀想になるくらい写真のセンスがないのが悩みのタネ(´・ω・)